朝採り完熟いちじく

いちじくの名産地「羽曳野」

大阪はいちじくの生産量が全国でも5本の指に入る、いちじく大産地です。そのなかでも当園が位置する羽曳野市(はびきのし)は古くから産地化しており、河川そばの豊富な水量と都市近郊の強みを活かして、朝採り完熟いちじくが「羽曳野いちじく」としてブランド化されています。

販売シーズン

収穫は7月下旬からはじまり、11月まで。最盛期は8月中旬から9月上旬です。どの時期の実も美味しいのですが、実が大きいのは収穫前半、味がのって甘さが際立つのは収穫後半です。

※シーズン以外では販売していません。

完熟いちじく
朝採りの完熟いちじく(桝井ドーフィン)

ほんとうに美味しいのは完熟果の朝採り

収穫風景
早朝にひとつひとつ丁寧に手で収穫しています

とっても痛みやすい「いちじく」は、日持ちの観点から、完熟を待たずに収穫されて店頭に並んでいることが一般的です。しかしながら、本当に美味しいのは、”完熟を待ってから食べるのが何といっても一番美味しい!”のです。

「みなさんに最高に美味しい完熟状態のいちじくをお届けしたい」

だからハッピーファームでは、次のようなことにこだわりました。

収穫~発送(出荷)のこだわり

  • 毎朝(午前2~4時)、丁寧に手摘みしています
  • 完熟のものだけ厳選して詰めています
  • デリケートないちじくを一つ一つ包み込む、専用の資材を使います(発送の場合)
  • 採れたその日にクール便で発送、出荷、直売します

栽培方法のこだわり

  • お日さまをたくさん浴びる露地で育てています
  • 一番、実に栄養が詰まっている早朝に収穫したいちじくです
  • アミノ酸を含んだ100%有機肥料にこだわっています
  • 地元のぶどう廃棄物を肥料にしています(詳しくはこちら
  • 栽培期間中は化学合成農薬を使っていません

食べ方

先にお伝えしたようにみなさんが口にされているいちじくは、ほとんどが完熟一歩手前のものです。それでは本当のいちじくの美味しさがわかりません。なので私は朝採り完熟当日発送にこだわりました。

まずは常温・冷やしてそのまま食べていただくのがお勧めです。また生ハムで巻いたり、クリームチーズと合わせて食べて頂いてもとっても美味しいです。お肉とも相性抜群なので、ステーキなどの付け合わせにすると、より一層特別なお食事になります。

カットしてサラダに合わせたり、砂糖とバターをお鍋でキャラメル状にしていちじくの切り口を焼いてトーストにのせたりなど、食べ方は様々です。

通販もやってます

ぜひ、いちじくのシーズン(8~10月)はハッピーファームの朝採れ完熟いちじくをご賞味ください。

通販の注意点

  • 日ごとに収穫量が変動しますので、誠に勝手ながらお届け日のご希望に添えないこともございますのでご注意ください。
  • また雨後など天候によっては品質が落ちるため、発送が遅れることがございます。
  • 小さな農園ですので、一日に発送できる件数に限りがございます。
  • 自然のものですので、大きさや形、甘さについては多少のばらつきがございます。
  • 完熟いちじくは特に日持ちしませんので、発送後2日以上経過した商品に関しては品質の保証をいたしかねます。

そのほかの農産物