炭で育む さつまいも「福めぐり」~むらさきいも~

目次

ハッピーファームのさつまいもの特徴

循環型農業に取り組んでいます

いちじくの枝を炭にして、土壌改良剤として再利用

当園や農家仲間の「いちじく」の廃棄枝を引き取って、炭をつくっています。炭は水はけをよくするなど畑の土づくりに役立ち、それらをさつまいも畑に利用しています。

資源を循環させながら美味しいさつまいもがたくさん作れるだけでなく、結果的に温室効果ガスも削減することができます。当園独自の地域を巻き込んだ取り組みになります。

お菓子作りに紫色が映える「パープルスイートロード」

当園では、果肉が綺麗な紫色のむらさきいも「パープルスイートロード」も栽培しています。

紫芋の中では比較的甘いので、焼き芋としても食べられます。(とは言っても、最近の甘い焼き芋に慣れてると正直すこし物足りません・・)

断面が綺麗な紫色。ジャムにしたり、ペーストにしてモンブランのお菓子にしたり、チップスにしてトッピングしたり、使い方は様々です。

ですがその真価を発揮するのは、やっぱりお菓子などにしたときです。煮詰めてジャムにしたり、ペーストにしてモンブランにしてみたり、薄切りにして素揚げで紫芋チップスにするなど、いろんなアレンジで色合いを楽しめますよ。

紫芋ラテもあったまって美味しいですよ!

また当園では、サツマイモ栽培に合った水はけの良い畑で、お芋に栄養がいきわたるように無駄な根を出さないようマルチビニールを敷いたり、色や味よく豊かに実る有機肥料を使うなどして、丹念に栽培しています。

寝かせて甘くなる!?

じつは、収穫してすぐのお芋は甘くないのをご存じでしたか?掘ったあとに熟成させることで、でんぷんが糖に変わり(「糖化」と言います)甘く美味しくなるのです。

より美味しいさつまいもをお届けできるよう、ハッピーファームでは収穫したシルクスイートを貯蔵庫で最低でも2週間以上じっくりと熟成させてから出荷しています。

さつまいもの栄養素

サツマイモは意外とビタミンCが豊富!?しかも加熱しても壊れにくい!

さつまいもには、肌のシミ対策や炎症に効果があると言われる栄養素のビタミンCが意外と豊富に含まれています。さつまいもを半分食べるだけで、一日に必要なビタミンCが約3割も摂取できます。
しかも、サツマイモのビタミンCはでんぷんによって守られているので、加熱しても壊れにくく安心して調理して食べられます。
※1日に必要なビタミンCは100㎎。さつまいものビタミンCが100g中29㎎、1個重量が約210gとして計算

不足しがちな食物繊維も豊富!

また不足しがちな食物繊維も豊富なので、腸にある老廃物の排出に役立ちます。肌は腸の健康状態と関連していると言われているため、腸内環境が整うことによって肌の調子も整えてくれるとされてます。

血圧の改善やむくみ予防におすすめな「カリウム」も豊富

余分なナトリウムの排出を助けてくれる「カリウム」ですが、実はカリウムが多いとされているバナナよりも効率よく摂取できます。

通販もやっています

10~12月頃のシーズン中は通販もやっています。食べ比べセットなどもございますので、ぜひご賞味ください!(売り切れ次第終了)

そのほかの農産物

目次