小さな農家のSDGs~循環型農業への取り組み~

環境に配慮し、美味しいものを作り続けられる農業を

美味しい作物を作り続けられる環境を守るため、栽培期間中は化学農薬と化学肥料を使用せず、循環型農業に取り組んでいます。同じ羽曳野市内で排出される、一般に廃棄物として処分されるブドウ枝やワイン搾りかすを堆肥として再利用したり、吉野ヒノキの削りカスを発酵させた堆肥を使用したり、いちじくの廃棄枝を土壌改良剤にするなど、小さな農家が手の届く範囲で循環に取り組んでいます。

循環の取り組み(一例)

さかいSDGs推進プラットフォームに参加しています

ハッピーファームは大阪府堺市による企業・団体・地域の人たちと連携し、SDGs達成に向けた取組を推進するためプラットフォームに参画しています。会員の方々と情報共有や交流をし、持続可能な社会の実現に向けて活動しています。
詳細はこちら(https://www.city.sakai.lg.jp/shisei/toshi/sdgs/sakaiSDGsplatform/index.html)