なぜ農業に転身(新規就農)したのか?

プログラミングのイメージ(実際こんなことやってた)

新しく農家になることを「新規就農」なかでも私のようにもともと農家でない人間の場合は「新規参入」と言います。このページでは私が新規参入を決めた理由を簡単にご紹介します。

「なんでプログラマーから全く方向性の違う、農家になったの?」

本当にとてもよく聞かれて、いつも簡潔にこたえられないのですが、理由は大きく3つです。

  1. 30代で独立開業したかった
  2. 農業という産業に未来を感じた
  3. 食べるのが好き

1.30代で独立開業したかった

園主の実家がみな独立開業している(親は電気工事屋、兄弟はアパレル、工事業、イベント業、運送業など)こともあって、そもそも独立開業が当たり前の感覚で、むしろサラリーマン向いてないなぁとずっと感じていました。

WEB屋としての独立を視野に入れて、7年間楽しく勤めていたのですが、長くいると業界のこともわかってきます。なんせパソコンとネット環境さえあればどこでもできることもあって、参入障壁が極端に低く、かつ技術の入れ替わりが本当に激しいため、超一流以外は10年後20年後に厳しそうだなと感じていました。

プログラミングも楽しいけど、長く続けやすい業界ってなんだろうなー?

2.農業という産業に未来を感じた

仕事で業界調査をしていたときに、超一流の大企業も農業に続々参入していることに気付きました。「スマート農業」「サステナブル」「農業と福祉」「ICT」キラキラしたワードが並びます。

一方で、「耕作放棄地問題」「担い手不足」「食料自給率の低さ」など様々な課題も。

農業が注目されていることに気付き、また課題はむしろ伸びしろとして捉えられたので、本当にいろんな可能性を感じワクワクしました。

3.食べるのが好き

私も妻も、食べるのがもともと好きで、大阪市内に住んでいたころは外食を楽しんだり、新しいお菓子を見つけたりするのを楽しみにしていました。

そんなある日、妻がテレビを見ながらぽつりと「農家になったら美味しい野菜とか食べれるなー、農家になろかなー?」

ちょうど農業に興味を持ち始めてた私は、全力でそれに乗っかることにしました。「独立したい」「農業に魅力を感じた」「食べるのが好き」「しかも家族が乗り気」が農業に転身した理由です。

後編(実際に新規就農する道のり)はこちら