さつまいもで地球を冷やす?クラウドファンディングをはじめます~小さな農家のSDGs~

突然ですが、もし「美味しい焼き芋を食べることが地球温暖化の対策になる」としたら、どうですか?めっちゃ素敵だと思いませんか?
羽曳野市で毎年大量に処分されるイチジクの枝から木炭を作り、さつまいも畑の土づくりに役立てます。 炭を畑に入れるとCO2排出量を削減できるので、環境にやさしい低炭素・循環型農業の確立を目指します。クラウドファンディングの返礼品はさつまいもなどの農産物を、いただいた支援金は活動資金やブランド化、広報活動に役立てます。

農業情報サイトに掲載されました

こんにちは、大阪のいちじく農家ハッピーファームです。 JA大阪中央会が運営する、農業情報サイト「大阪で農業っておもろいやん」で掲載いただきました。 SDGsをテーマに、大阪の農家の事例として取り上げていただきました。 と… 続きを読む 農業情報サイトに掲載されました

【循環型農業】廃棄枝でサツマイモを作ります

こんにちは、大阪のいちじく農家「ハッピーファーム」です。 地域の特産で、私のメイン作物でもある「いちじく」。じつは毎年、大量に廃棄されているものがあります。それがイチジクの剪定(せんてい)した枝です。当園だけでも毎年1t… 続きを読む 【循環型農業】廃棄枝でサツマイモを作ります