ぶどうを肥料にした しあわせ無花果

ブランド特設サイトをつくりました。

古くからいちじくとぶどうの名産地である、大阪府羽曳野(はびきの)市。そこで毎年大量に廃棄処分されているのが、ぶどうの枝とワインの搾りかすです。

これまで廃棄されていた資源を“堆肥(たいひ)”という肥料にして循環させ、美味しいいちじくづくりに活かしています。

毎年、大量廃棄されるブドウの剪定枝

ぶどうの枝を細かく砕き、ワインの搾りかすと米ぬか等を混ぜ合わせ発酵させてつくったオリジナルの堆肥は、養分になるだけでなく、有用な微生物を増やしたり夏の乾燥からも樹を守ってくれています。

羽曳野の恵みたっぷりの土で育てた完熟いちじくをどうぞご賞味くださいませ。

オリジナル堆肥
朝採り完熟でお届けします

循環の取り組み(一例)

さかいSDGs推進プラットフォームに参加しています

ハッピーファームは大阪府堺市による企業・団体・地域の人たちと連携し、SDGs達成に向けた取組を推進するためプラットフォームに参画しています。会員の方々と情報共有や交流をし、持続可能な社会の実現に向けて活動しています。
詳細はこちら(https://www.city.sakai.lg.jp/shisei/toshi/sdgs/sakaiSDGsplatform/index.html)