とろけるカブ(かぶら、蕪)

とろけるカブの特徴

ハッピーファームが作るカブは、皮が薄くそのまま食べられ、中の雪のように真っ白な果肉は柔らかく甘みがあります。

煮るとお箸で持てないくらいにトロトロにとろけ、生サラダで食べるとほんのりマクワウリのような甘さが広がる、園主自慢のとても美味しいカブです。

アミノ酸が含まれた有機肥料100%にこだわり、吉野ヒノキの削りカスを発酵させた循環型資材を使って微生物のチカラで健康に育てています。

カブの若芽。まわりの茶色いのが吉野ヒノキの循環型堆肥です
収穫時期を迎えたカブ

食べ方と収穫(出荷)時期

サラダに、お漬物に、お鍋に、スープやシチューに、あんかけにと様々なお料理に使えます。ぜひご賞味ください。

出荷時期は主に11月~1月です(2022年度)。

レシピ例

カブとカニカマのあんかけ
◯作り方🔪
1.カブを鶏がらスープで煮込みます
2.柔らかくなったらほぐしたカニカマと茹でておいた葉の部分を入れます。
3.生姜を入れて、味見しながら塩少々で整えます
4.といた片栗粉を回し入れたら完成です✨

そのほかの農産物