さつまいもで地球を冷やす?クラウドファンディングをはじめます~小さな農家のSDGs~

こんにちは、大阪羽曳野市のいちじく農家「ハッピーファーム」です。

突然ですが、もし「美味しい焼き芋を食べることが地球温暖化の対策になる」としたら、どうですか?めっちゃ素敵だと思いませんか?

このプロジェクトは、循環型農業による「さつまいも栽培」を通して、温室効果ガス(CO2)削減を実現します。

さつまいも作りでCO2を削減します

プロジェクトの概要

羽曳野市で毎年大量に処分されるイチジクの枝から木炭を作り、さつまいも畑の土づくりに役立てます。 炭を畑に入れるとCO2排出量を削減できるので、環境にやさしい低炭素・循環型農業の確立を目指します。クラウドファンディングの返礼品はさつまいもなどの農産物を、いただいた支援金は活動資金やブランド化、広報活動に役立てます。

いちじくを使ってつくった炭。これが土壌改良になり、CO2も削減できます。

課題と、クラウドファンディングの目的

資源を循環させ、地球温暖化対策をし、しかも美味しいさつまいもが作れる・・・良いことづくめなのですが、課題もあります。

それは、とにかく労力がかかること。

枝をあつめるだけでも一苦労です

軽トラで何往復もして枝を回収し、何日も付きっきりで炭を作る作業・・。本業の畑作業の合間にやるには、なかなかの労力です。将来的にはもっとこの活動を地域に広げて、専門の事業を立ち上げ(または外部委託)をしていきたいと考えています。

専門事業や外部委託を実現するためには、もっと一人でも多くの方に活動を知ってもらうことこそが重要です。

そのため、この記事をご覧になって共感いただいたみなさんにはSNSなどでのシェア拡散や、クラウドファンディングでご用意させていただいた返礼品を通してのご支援をいただきたく、厚かましくも本プロジェクトを立ち上げました。

支援金の用途

なお、支援いただいた資金は、CAMPFIREの支払手数料、返礼品の発送費用、残りを取り組みのロゴやプロモーションなどのブランディング・宣伝費用や活動資金として、大切に使わせていただきます。

詳細はこちら

色々伝えたいことが多すぎるので、詳細は以下のクラウドファンディングのページからご覧ください。

9月1日からクラウドファンディング開始します!よければSNS等でシェア拡散いただけるととても嬉しいです!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA