黒いちじく「ビオレソリエス」が旬を迎えました

こんにちは、大阪羽曳野市のいちじく農家ハッピーファームです。

ねっとりとした食感と濃厚な甘さが美味しい、黒いちじく「ビオレソリエス」が旬を迎えました。

地域によっては「幻の黒いダイヤモンド」「黒蜜姫」などといったブランドネームで高値で販売されている品種です。青空レストランにも登場し、一部のいちじく好きな方にはあこがれの存在かもしれません。

まだまだ生産者が少なく、比較的収穫時期も遅く期間も限られ、果実もなりにくく収穫量が少ないことも相まって、稀少性が高く、食味が優れていてファンも多いので余計に手に入りづらい幻のいちじくとなってます。

濃い紫色が畑でも映えます

当園ではビオレソリエスのねっとり食感と濃密な甘さ(糖度20度以上、桝井ドーフィンのおよそ1.5倍くらい)にほれ込み、生産にいま力を入れていて畑を拡大中です。(まずは樹を育てないといけないので、まだまだ大量生産には年数が必要です)

試作ですこし育てているビオレソリエスがいま、旬を迎えて収穫量が増えて味ものってきました。

当園直売所や通販で販売していますので、いちじく好きの方はぜひ食べてみてください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA