資源循環型ブランドいちじくのロゴができました

こんにちは、大阪のイチジク農家「ハッピーファーム」吉川です。

去年2021年9月に募集開始した、同じ羽曳野市内の廃棄物を再利用してイチジクづくりをするというプロジェクトですが、ブランドロゴを作ることができたので発表します。

プロのデザイナーに取り組みや農業に対する思いを伝え、ついにこの度ブランドロゴのお披露目となりました。拡散いただいた方、ご支援いただいた方、ぶどうの枝と搾りかすを提供いただいたぶどう農家さんと河内ワインさま、全ての皆様、そして最後に思いを汲んで形にしてくれたデザイナー中尾氏に本当に感謝です。ありがとうございます。

画像は黒の箱にロゴを載せたときのイメージです

ネーミング

ブランドの名前は、内容がわかりやすいように「ぶどうを肥料にした しあわせ無花果」になりました。いちじくは漢字で書くと無花果(むかか とも読む)です。その由来は、花が咲かずに実がなるさまを表します。(実際には、果実の内側に花が咲きます。)

ロゴの意味と思い

しあわせ の漢字をアイコンにし、幸の文字の中心部分に循環を示す「∞」のモチーフを配置しています。地域の廃棄物であるブドウの枝とワインの搾りかすを堆肥という肥料にかえ、それによって育てたイチジクを通して、自分へのご褒美に購入したひと、大切な方に贈るひと、贈られたひと、地域の農業に関わるすべてのひとがみな幸せになりますようにとの思いを込めました。

パンフレット、WEB制作に関しても鋭意進行中です。また進展がありましたらこちらでご報告します。

活動報告はキャンプファイヤーのサイトでも公開しています。

引き続き、大阪羽曳野市での資源循環に努めてまいりますので、あたたかな応援をよろしくお願いいたします。

完熟いちじくと旬野菜のハッピーファーム 代表 吉川幸一郎

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA