イチジクとサツマイモで未来へ笑顔をつなぐクラウドファンディングに挑戦しています

こんにちは、大阪のいちじく農家「ハッピーファーム」です。

私たちイチジク農家が収穫を終えた樹の枝は、通常廃棄処分されています。その量は当園だけでも4000本以上(約2t)、計算上は大阪全体ではおよそ64万本(約300t)が毎年、廃棄処分されています。大量の廃棄物が出る。これが農業の現実です。

「この資源を有効活用し、美味しい農産物を作ることができる環境を未来へとつなげることができないか?」

私が辿り着いたのが、土壌改良剤にもなる木炭にして、さつまいも栽培に役立てることでした。

廃棄物を有効活用し、さらに地球温暖化もやわらげる具体策にもなりうるアイデアなのですが、メリットが大きい一方で労力がかかりすぎるという課題があります。この課題を解決するためには、より多くの方に取り組みを知ってもらい、取り組み自体をブランド化することが必要だと考えています。将来的には、専門事業化や外部委託まで発展させ、地域活性化につなげたいと考えています。

そのために、クラウドファンディングを立ち上げました。募集は10月末までです。少し長文なのですが、詳細は↓からご覧ください。

このページをご覧になった方で、少しでも面白そうと思った方はぜひ、SNS等でのシェア拡散、応援のほどをどうぞよろしくお願いいたします!(頑張って返礼品もご用意したので、ご支援もいただけますととても嬉しいです!)

3件のコメント

  1. 先月はありがとうございました。
     手伝いの要請あれぱいつでもかけつけます。

    1. ありがとうございます!
      芋ほりが始まっているので、よければお願いします~
      また連絡します!

  2. 先月はイチジクおいしくいただきました。
     お手伝いいつでもいってください。待ってます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA