はびきの医療センター様の病院食としてご提供しました

こんにちは、大阪のイチジク農家「ハッピーファーム」です。

2021年12月は地産地消の取り組みとして、羽曳野医療センター様の病院食にハッピーファームのお野菜を使っていただきました。

ハッピーファームのさといも、カブ、さつまいもを使った根菜シチューと、シュンギクのゆず浸し

病院食の地産地消の取り組みについて

この取り組みは主に以下の3者によって実施されています。

実は今回で2回目(全体通して2021年だけで6回目?)なんですが、とても素晴らしい取り組みだと思ってます。ぼくが聞いている取り組みの目的は、

地元の野菜や果物を生産者から直接購入し納品することで

  • 新鮮で安心安全な食材を届ける
  • 旬の美味しさを届ける
  • 生産者や患者様に笑顔を届ける
  • 地域農業および食産業の活性化につなげ、循環型地域社会作りへ貢献

また、生産者の顔が見える取り組みトレーサビリティを取り入れることも目的の一つ だということです。

アンケート結果も共有いただき、美味しく調理していただいたこともあって概ね大好評でした。

ほんとに素晴らしい取り組みに関わることができて、生産者冥利につきます。ありがとうございます。

ハッピーファームは地産地消に積極的にかかわりたいと考えています。グレープイチジクの取り組みもその一つです。とは言え、一人だけでは中々できることも限られますので、地産地消のご提案お待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします。

ギャラリー

盛り付け中のシチュー。美味しそう!
こちらはシュンギクのゆず浸し。柔らかいサラダシュンギクにさわやかなゆずの香りが合いそう♪食べてみたかった・・
シチューが食べられない方向けにはコンソメ煮も。
納品した金時さつまいも
納品した大野芋(モチモチ食感のさといも)
とろけるカブ
採れたてのサラダシュンギク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA