【循環型農業】廃棄枝でサツマイモを作ります

こんにちは、大阪のいちじく農家「ハッピーファーム」です。

地域の特産で、私のメイン作物でもある「いちじく」。じつは毎年、大量に廃棄されているものがあります。それがイチジクの剪定(せんてい)した枝です。当園だけでも毎年1tぐらいの大量の枝です。

軽トラで何度も往復しないと積み込めない量。通常は焼却処分されています。

私自身の課題でもあり、そして地域の課題でもある廃棄枝をなんとか再利用できないか?私が考えついたのがバイオ炭(簡単に言うと木炭)にすることで、土壌改良剤としてさつまいも畑に入れて再利用することでした。

美味しいさつまいもをたくさん作りながら、地域の資源を循環させ、しかも温室効果ガスを削減(炭素貯留)するという、ちょっと言いたいことが多すぎてよくわからない取り組みをやっています笑

2022年度は、当園と農家仲間の枝を合わせて、面積約5000㎡分のいちじく畑の枝を再利用しています。そして延べ30時間ほどかけて、炭焼き作業を先日ようやく終えました。暑かった。。

自身のため、地域のため、環境のため、全国のさつまいも好きな方のため、いまはまだ小さな取り組みですが、いずれは地域全体の廃棄枝の再利用につなげていければ・・。小さな農家ですが、頑張っていきます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA