いちじくの具体的な芽かきのやり方 2024

先日ようやく、いちじくの芽かき作業が(ほぼ)終わりました!

じゃがいも掘りとかそらまめ収穫とか夏野菜の準備とかでバタバタしながらなのでなかなか進みませんでした。本業いちじくなのに。

目次

芽かきって?やる理由は?

芽かきとは、「芽を欠く」・・複数ある芽を間引いて1本に厳選する作業のことです。

たくさん出ているいちじくの芽。芽を間引いて栄養を集中させます。

いちじくは春になると、上の写真のように一か所からいくつもの芽が吹きます。これらをそのまま放任しておくと、全ての枝に栄養が分散され、美味しくて大きな果実が収穫できません。また風通しや日当たりも悪くなり、病害虫に弱くなったり色づきも悪くなってしまいます。

つまり栄養を集中させたいから、が芽かきをする理由です。

芽かきの具体的なやり方(一例)

当園の芽かきの考え方は、以前にも記事にしました。下に再掲しますね。

  • 向きが内向き(伸びたら主枝やほかの枝に当たりそうなもの)
  • 枝の根本が茶色くなり絞られている芽(去年伸びた枝の先端からまた伸びた芽)
  • ほかと比べて著しく元気のない枝
  • 向きが上むき(勢いが強くなりすぎるため)
  • 伸ばすと隣の枝(芽)と近すぎる位置になる芽
  • 剪定した切り口に近い芽

さて、これを具体的にすると下の写真のようになります。

私なら、1,2,3番が芽かき対象です。

まず1番の芽は、樹に対して内向きに生えている芽なので、「欠きます」
2番の芽は生え方は理想的ですが、ほかと比べて著しく生育が劣るので「欠きます」

残るは3番の芽とその隣の芽ですね。さぁ、どちらを残すか・・?私は生育が少し劣る3番の芽を欠きました。

下が芽かきアフターの写真です。

別角度からの芽かき後の様子。あっ!2番の芽を欠き忘れてますね・・・。たぶん写真撮ったあとにちゃんと欠いてます、たぶん・・

作業の雰囲気の動画は過去記事をご覧ください。

今年も芽かき(ほぼ)終わったぜ

さて、ここまで書いて私が言いたいのは

芽かき完了して畑で倒れる妻

芽かきめっちゃ疲れます!体力というよりも脳みそが疲れます。樹齢が若く樹形がまだ定まってない樹は特に疲れます。

終了といっても、あえて芽を多めに残してる黒いちじくとか稀少種の芽かき作業が少し残ってますが、また頃合いを見てこちらも完了させます。

それではみなさん楽しいいちじくライフをお過ごしください!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

モチベーション上がるのでシェアお願いします!

気軽にコメントしてください~

コメントする

CAPTCHA


目次